診療案内

  1. 新宿グリーンタワー内科クリニック
  2. 診療内容
  3. 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群外来SAS

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群(Sleep apnea syndrome: SAS)とは、睡眠中に呼吸が止まる状態(無呼吸)が繰り返される病気です。

こんな症状や病気はありませんか?

寝ている間に呼吸(口や鼻の空気の流れ)が10秒以上停止する状態を睡眠時無呼吸といいます。
多くの場合はいびきを伴うのが特徴です。上記の症状以外にも、頻回に目が覚めたり、起きた時に頭痛や体にだるさを感じたり、息が苦しくなるような夢をみるなどの症状も睡眠時無呼吸症候群が疑われます。

睡眠時無呼吸症候群が与える影響

睡眠時無呼吸症候群では、昼間に眠気があるだけでなく、夜間に長時間の酸欠状態があるために身体や脳に負担がかかります。そのため、いびきや日中の眠気などだけでなく、起きた時に体がむくんでいたり、気分が沈む、性格の変化、幻覚、性機能障害や不眠を起こすこともあるなど多彩な症状があらわれます。

また、心筋梗塞、脳卒中、大動脈解離を発症する確率が上昇することが既に明らかになっています。

加えて、糖尿病を悪化させたり、不整脈や高血圧の原因になったりすることもわかってきており、早期診断と適切な治療することでこのような合併症を予防することはとても重要です。

当院で行っている検査

新宿グリーンタワー内科クリニックでは、睡眠時無呼吸症候群の簡易検査を行っています。
問診の結果必要な場合は、ご自宅で、手の指や鼻の下にセンサーをつけるだけでいびきや無呼吸を調べられる「簡易検査(保険適用)」ができます。
また睡眠時無呼吸症候群の治療法の一つであるCPAP(シーパップ)治療やHOT(ホット)治療も行っています。

3割負担の方の検査費用の一例

簡易検査 自己負担 2,700円

※初診料・再診料の他、別の検査を併せて行う場合などは状況に応じて別途費用がかかります。(詳しくは医師にお尋ねください)

参考サイト

睡眠時無呼吸なおそう.com
https://659naoso.com/