ブログ

  1. 新宿グリーンタワー内科クリニック
  2. ブログ

ブログblog

妊婦と新型コロナウイルスについて ~新宿グリーンタワー内科クリニック 呼吸器内科~

2020.03.02 | ブログ

現時点においては妊婦と新型コロナウイルスについての医学的情報は限られたものしか報告されていません。

先日ランセット誌らに報告されたデータでは、18人の新型コロナウイルスに感染が確認された妊婦さん(確定診断に至らず疑い症例も含む)が出産した新生児には、いずれもコロナウイルス感染は確認されていません。一方で、感染していた母と濃厚接触があった新生児が17日目に感染が確認されたケースや、出産から36時間後に新生児への感染が確認されたケースもありました。SARSやMERSでも、胎盤を通しての感染リスクは低いと報告されており、新型コロナウイルスにおける新生児の感染の可能性は同様に低いと考えられます。

少ないデータから新型コロナウイルスと妊婦、胎児、あるいは新生児への影響を現時点で断言することはできませんが、型は違うものの同じコロナウイルスであるSARSやMERSの経験から言えば、妊婦さんの影響(呼吸困難による入院、集中治療、呼吸器の使用率の増加)や胎児への影響(子宮内発育不全、早産、自然流産、周産期死亡の増加)は懸念されるべきかと思います。

また、母乳を介してウイルスが感染するかは現時点で定かではありません。但し、授乳中に咳やくしゃみからの飛沫感染は起こりえるため、感染が明らかになった場合、あるいは症状的に感染が疑われる場合にも母子を別々にする必要性が米国産科婦人科学会でも提唱されています。

コロナウイルスはマスクで防御できるのか? ~新宿グリーンタワー内科クリニック 呼吸器内科~

2020.03.02 | ブログ

ウイルスは細菌やカビなどと比較してとても小さな病原体です。コロナウイルスにしてもその大きさは、およそ10万分の1センチメートル前後と言われています。

一方でマスク(サージカルマスクであっても)は、コロナウイルスの50倍くらいの大きさまでしかブロックできません。単純にウイルス単体で飛んできた場合にはマスクでは全くブロックできません。

しかし、インフルエンザウイルスも含めて、せきやくしゃみで飛散する飛沫(しぶき)は、大抵はウイルスの周りに水分を含んでおり、飛沫全体の直径はマスクでブロックできるようになるというのが一応の定説です。但し、ウイルスごとの飛沫がどのくらいのサイズであるかは確認されておらず、せきやくしゃみを浴びても100%ブロックできているとは限りません。

それでもマスクをしているほうがブロックできている飛沫があることは確かですので付ける意味合いはあるかと思います。

そもそもコロナウイルスとはなんなのか? ~新宿グリーンタワー内科クリニック 呼吸器内科~

2020.03.02 | ブログ

世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスですが、そもそもコロナウイルス自体は珍しいものではなく、一般的な風邪の原因は10-15%がコロナウイルスによるものであるということは一般にあまり知られていません。

コロナウイルスにも種類があり、風邪の原因となる一般的なものから、SARS(サーズ)、MERS(マーズ)といった数年前に中国や韓国、中東で猛威を振るった致死率が高いタイプもこれまでに報告されています。今回の新型コロナウイルスは、世界的にはcoronavirus disease 2019、略してCOVID-19と呼ばれており、2019年に新たに発見された新型コロナウイルスという意味です。より正確には、2019年12月に中国の武漢市で原因不明の肺炎が集団発生したことで発見されました。

現在までのデータから、致死率はインフルエンザウイルスより高く、感染力はインフルエンザの同等以上というという評価であり、未だ発生源が明らかではなく、ワクチンもなく、治療法も対症療法しかないため、世界中で大きな脅威となっています。